テラヘルツ波の検出技術

テラヘルツ

テラヘルツ波の検出技術

東京工業大学はカーボンナノチューブを利用してテラヘルツ波検出器開発しました。
アメリカのライス大学、サンディア国立研究所と共同で行われました。

テラヘルツ波は検出しにくい

テラヘルツ波というのはもともとエネルギーが光に比べて非常に小さいことから効率的に検出することが難しいものでした。このことからもテラヘルツ波の検出する技術が今までとは違う方法で実現することが求められていました。

今回はカーボンナノチューブを用いてフィルムを作り検出することに成功しましたが、理研などでも室温で検出する技術を開発しています。

なぜ室温でテラヘルツ波の可視化を進めるのか

テラヘルツ波が光よりも弱いということで室温で検出することが難しい、ではどうやって検出しているかというと、現在はテラヘルツ波を熱変換していますが、そもそも室温で好感度検出すること自体が難しかったのです。

これを室温でも検出できるようになると時間的・空間的に変化するものでもリアルタイムで撮影することも可能になります。世界的な有名研究機関で今テラヘルツの検出技術の一般化に向けた研究が進んでいます。